• Home
  • 古典音響機器ギャラリー

古典音響機器ギャラリーT&C Classic Audio Equipment Gallery

〜半導体開発の原点に立ち戻る〜

- ラジオ・蓄音機のミニ博物館 -

-写真による古典音響機器ギャラリーのご案内-

茨城県牛久市にあります当館の概要を写真にてご紹介いたします。
聞いて・触れて・動かして をモットーとして現代電気製品の源である古き良き時代の機器として1800年後期のオルゴール・エジソン電球・エジソン蓄音機から1920年のラジオ放送開始に至るラジオ・蓄音機の展示館です。
展示スペースの都合で限られた機器の展示ですが「ミニ博物館」を楽しんで頂ければ幸いです。
尚、(株)ティ・アンド・シー・テクニカル 藤代事業所玄関にも当館のオルゴール・蓄音機の一部を展示しております。
入館は教育を目的としておりますのですべて無料開放となっております。

-主な展示品ご紹介-

  •  1800年後期のシリンダーオルゴール・ディスクオルゴー
  •   エジソン蓄音機(円筒レコード・円盤レコード)
  •   ビクター クレデンザ蓄音機
  •   フランス パテ 蓄音機
  •   鉱石ラジオ (各種鉱石・初期真空管)
  •   1920年代初期 ラジオ
  •  1920年代ラジオ書籍
音響機器 当館入口風景 音響機器 1920年初期のラジオの構造及び部品類展示 音響機器 1920年代 鉱石ラジオと鉱石類
音響機器 1912年 エジソン蓄音機 音響機器 1920年代のラジオ 音響機器 マルコニー式送信機(レプリカ)
音響機器 1899年頃 エジソン蝋管レコード 音響機器 1915年 エジソン円盤蓄音機 音響機器 1900年代初期 電圧測定器各種
音響機器 1920年代 スピーカー各種 音響機器 1928年 最高級蓄音機クレデンザ 音響機器 1800年代後期 シリンダー型オルゴール
音響機器 1950年 シンギングバード 音響機器 1925年 グリーベ社製ラジオ 音響機器 1920年 ウエスチングハウス社製ラジオ
音響機器 1900年代 真空管初期の01A系真空管 各社製品 音響機器 1920年代 ドイツ・テレフンケン社鉱石ラジオ

常設展示品のほかに不定期的に倉庫保管品を展示しています。
また、当館に展示の機器は訪問者における作動試験や写真撮影など自由にお試し頂けますのでスタッフにお声掛けください。
更に1920年代の米国ラジオの多くの電気回路図などが保管されていますので必要な回路図をご希望の方はご利用頂けます。
尚、展示品は非常に古く壊れ易いものですが、展示品操作における故意の破損以外は当館の責任において修理・復元しますので安心してさわって頂けます。

                                  

館長 中鉢 博

- もくじ -

古典音響ギャラリー
第十七話  第二話に続く鉱石ラジオ
第17話は第二話に続く鉱石ラジオの紹介です。

古典音響ギャラリー
第十六話 ヘッドフォンスピーカー アンプリトーンのご紹介

古典音響ギャラリー
第十五話 グラモフオン社蓄音機 HMV460 ルミエール

古典音響ギャラリー
第十四話 1920年代の米国製ラジオと芸術

古典音響ギャラリー
第十三話 イツ・カリオペ社( Kalliope )ディスクオルゴール 入手失敗談

古典音響ギャラリー
第十二話 手回しオルガン

古典音響ギャラリー
第十一話 100年以上昔のエジソン蓄音機で録音してみました

古典音響ギャラリー
第十話 大正時代の真空管ラジオ

古典音響ギャラリー
第九話 ドイツ・シンフォニオン社のディスク・オルゴール(Symphonion Style-25A)

古典音響ギャラリー
第八話 "使い捨てレコード? 1930年の紙製レコード "HIT OF THE WEEK"

古典音響ギャラリー
第七話 真空管について

古典音響ギャラリー
番外編 その2 フランスのパテ社蓄音機とそのレコード

古典音響ギャラリー
第六話 電圧・電流計

古典音響ギャラリーが開館
第五話 エジソン電球

古典音響機器ギャラリー
第四話 モールス式電信

古典音響機器ギャラリー
第三話 エジソン蓄音機

古典音響機器ギャラリー
第二話 その2 番外編:火花送信機とコヒーラ受信機の実験結果

古典音響機器ギャラリー
第二話 鉱石ラジオ(クリスタルラジオ)

古典音響機器ギャラリー
第一話 大正15年創刊ラジオ雑誌「ラヂオの日本」について

古典音響機器ギャラリー紹介

←前の記事へINDEX次の記事へ→

ページの上部へ戻る