エボリューションIII TOC連続測定器 TOC計

ティアンドシーテクニカル

エボリューションIII TOC連続測定器

連続式6連シリンダー採用による究極の酸性曝気性能

㈱ティ・アンド・シー・テクニカルが独自に設計した連続式6連シリンダー型曝気チャンバー搭載にて高濃度無機炭素の連続安定除去だけに留まらず、これまで比較的困難とされてきた過酸化水素・オゾン等を含有する生産水回収水ラインの連続オンライン測定が可能となりました。 TOC Analyzer(Total Organic Carbon Analyzer=全有機炭素計)は、水中に含有する有機物量を測定する計測機器であり、そのTOCを用いた水質管理分野は、近年では広範囲に及び、非常に重要な役割を担っています。




特徴

  • ハイコストパフォーマンス
  • 完全連続測定
  • コンパクトサイズ
  • オートキャリブレーション機能
  • プリンター接続可能
  • オールステンレス筺体仕様対応可
  • COD換算機能対応
  • ラボ使用対応可
  • 瞬停止・渇水時の自動復帰運転対応
  • 簡単操作
  • 試薬使用量の大幅削減
  • カスタマイズ仕様可

基本仕様

 

項 目

Standard model
標準機種

High-end model
上位機種

 測定項目

全有機炭素(Total Organic Carbon)

 測定原理

連続湿式酸化型+NDIR検出方式

 測定範囲

レンジA:0ー2000ppb レンジB:0ー30.0ppm
レンジC:0ー50ppmレンジSP
:0ー5000ppb 希釈レンジ:(希釈装置仕様)

レンジA:0ー2000ppb レンジB:0ー30.0ppm
レンジC:0ー50ppmレンジSP
:0ー5000ppb 希釈レンジ:(希釈装置仕様)
限定したサンプル水への対応 分析時間可変※1 
高アルカリサンプルへの対応※2

 測定周期

連続測定

 反応時間

標準シリンダー(約5分)/6連シリンダー(約10分) 【応答率:90%】

 試料水圧力

0ー0.5MPa(無圧でも自動吸引します)

 試料水流量

約100ml/min

 試料水温度

5ー50℃

 分解能

レンジA, SP:5ppb レンジB, C:0.1ppm

 繰返精度

レンジA, SP:±2%FS レンジB, C:±2%FS

 試薬

リン酸溶液を使用 約5L/月

リン酸溶液を使用 約5L/月 変動あり

 酸化剤

過硫酸ナトリウム溶液を使用 約5L/月

過硫酸ナトリウム溶液を使用 約5L/月 変動あり

 校正用試薬

フタル酸水素カリウム溶液を使用(KHP)

 キャリアガス

高純度窒素ガス(>99.98%)又は高純度ドライエアー仕様(オプションユニット要)

 警報出力

TOC値Hi、Low 計器異常警報(標準装備) 2点のリレー接点、AC125V/0.5A(定格)又は30VDC/2A以下

 出力信号

4ー20mA TOC測定値 最大負荷:600Ω

 通信

RS485(Modbus) USBインターフェース(データログ用)

 設置環境

周囲温度:5ー40℃ 周囲湿度:5ー80%(結露なきこと)

 寸法・重量

1250(H)×480(W)×400(D)mm(突起物除く) 約60kg

 電源仕様

AC100V ±10% 50/60Hz(海外電源電圧への対応可能) 約130VA(MAX時約200VA)

 重量

約60kg

 通信

インターフェイス:RS-232C
条件:9600bps・8bit Data・Parity 無し・stop bit : 1

 プリンタ

RS-232Cポートにて接続(推奨オプション:型式 DPU414)

備考:
①リン酸溶液を使用するので計器排水の取り扱いに注意して下さい。
② 計器ドレインは必ず大気開放として下さい。
③ 希釈レンジとは、TOC計とオプションの希釈装置の併用仕様となります。
④ 海水サンプルの測定は別途ご相談下さい。
⑤ ※1、※2につきましては別途仕様のお打合せが必要となります。


ページの上部へ戻る